La Maison de Vent 愛する器たち

lamaizon.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 21日

シリーズに込めたおもい

「感じるうつわ@スパイラルマーケット」「マザーディクショナリー 春の会」では、
皆さまから多くの温かな気持ちをいただきました。

皆さまとお話をさせていただくと、シリーズ名の由来についてのお話になります。
皆さまが感じてくださった様々な思いを聞くと、本当に嬉しく思います。
「もっと多くの方に知ってもらうべきだよ」というご意見をいただきましたので、
ご紹介させていただきます。


a0157580_18241542.jpg

『Turkish』(ターキッシュ)
手に取った方々は、この器の景色(色)を様々なものに例えてくださいます。
私の代表作でもあるこの色から皆様が思い浮かべる風景が、
何よりも私に力を与えてくださいます。
私にとっての美しさが、皆様にとっての平和となるようにと願っております。


a0157580_18251972.jpg

『 Pigeon Blanc 』(ピジョン・ブラン)
中世時代の絵画に多く描かれた女神達の肌に憧れ制作をしました。
象牙のような白い肌をした女神たちが求めた平和や愛、それらを運ぶものとしてPigeon Blanc(白鳩)と名付けました。
あなたのまわりが愛で溢れ、たくさんの幸せを運んでくれるようにと


a0157580_18332244.jpg

『Lapin argente』(ラパン・アルジョンテ)
銀色ウサギと名付けた器。
丸みを帯びたを柔らかな曲線はウサギの背中、柔らかな毛並みを表しました。
顔をうずめるとお陽様の匂いがするような姿に憧れたのです。


a0157580_1828121.jpg

『Vermmer』(フェルメール)
フェルメールは光を表現するために、青色を効果的に利用しました。
私も陶器にガラスのような透明感を与えたいと、強い願望に取りつかれた時があります。
彼が青色の原料に使用したラピスラズリ(空の石)という鉱石の名前からも多くの物語が想像できます。
彼と同じように、気品のある美しい高貴な天空の色を表したいと制作いたしました。


a0157580_18285687.jpg

『Mustard』(マスタード)
夜に足元を照らしてくれる月の光。
その光を放つ月のような優しくしっとりとした黄色を表現したいと思い制作いたしました。


a0157580_18295014.jpg

『Deesse rouge』(デーゼ・ルージュ)
女性らしい美しさを表現しようと往きついた色です。
表面的な色ではなく、吸い込まれるような奥深さを求めました。
自分と異質なものを遠ざけず、受け入れる穏やかな強さをという願いから女神の赤色と名付けました。


a0157580_1831272.jpg

『Larme du cygne』(ラルム・ドゥ・シィーニュ)
人の喜びや悲しみに流せるの涙の意味を知った時、その無垢な強さに美しさを感じました。
湖のほとりで美しき涙を流す白鳥の強さを表現いたしました。


a0157580_18314811.jpg

『Eucalyptus』(ユーカリ)
ドライフラワーにしたユーカリの色を表現しようと思いました。
時間を超えて増していく美しさ、私の全ての作品たちにも求めるもののひとつです。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2011-04-21 18:32 | コンセプト


<< 座りここち@恵比寿に追加納品を...      イベントのお知らせ >>