La Maison de Vent 愛する器たち

lamaizon.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 24日

Larme du cygne (ラルム・ドゥ・シィーニュ)

a0157580_1939119.jpg

Larmedu cygne_standard_mug
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-06-24 19:39 | larme du cygne
2010年 06月 22日

Turkish_standard_soup cup_shallow

a0157580_1647174.jpg

Turkish_standard_soup_cup_shallow

a0157580_16491990.jpg

[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-06-22 16:49 | Turkish
2010年 06月 21日

Turkish_limited_wine glass

a0157580_13533784.jpg

Turkish_limited_wine glass
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-06-21 13:54 | wine glass
2010年 06月 19日

Pigeon Blanc (ピジョン・ブラン)

a0157580_17504962.jpg

Pigeon Blanc_standard_soup cup_shallow

浅口のスープカップは、
汁物に限らず、ちょっとした肉料理やデリを盛るのにも使えて便利です。
器の色を変えると同じお料理も違った印象になるから不思議。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-06-19 17:59 | Pigeon Blanc
2010年 06月 18日

Turkish_limited_vase

a0157580_1311297.jpg


Turkish_limited_vase


a0157580_12595058.jpg

[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-06-18 12:58 | Turkish
2010年 06月 17日

Pigeon Blanc (ピジョン・ブラン)

a0157580_2124498.jpg

Pigeon Blanc_standard_soup cup

象牙のような白色のスープカップ。
枝豆の冷たいスープが似合いそうです。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-06-17 21:23 | Pigeon Blanc
2010年 06月 16日

あたためる@森岡書店を愉しんでいただくために。④

a0157580_12363466.jpg

Larme du cygne_limited_Pitcher

『あたためる』@森岡書店を愉しんでいただくために。


絵画の中に登場しそうな花瓶たち。
いつもよりちょっぴり小ぶりです。


a0157580_1342265.jpg

Larme du cygne_limited_vase

やさしいピンクのトルコギキョウや
すずらんなんかも似合いそう。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-06-16 13:09 | larme du cygne
2010年 06月 14日

Larme du cygne (ラルム・ドゥ・シィーニュ)

a0157580_19524063.jpg

Larme_du_cygne_standard_soup cup_shallow



“ありがとう”

キミという存在が

今日も僕にちからをくれる
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-06-14 19:51 | larme du cygne
2010年 06月 11日

『あたためる』@森岡書店を愉しんでいただくために。③

a0157580_2220175.jpg



『あたためる』@森岡書店を愉しんでいただくために。



私が本気で陶芸を志すきっかけとなり、
今も、またこれから先もずっと追い求めるだろう方。

『Lucie Rie』

きっとお好きな方も多いことと思います。


彼女の1冊の作品集に出逢い
抜群のバランス感覚と色彩、洗練した作品の数々に、
今までに味わったことのない感動と衝撃を受けたのを、
今も鮮明に憶えております。

陶芸に対しては、伯母の古くからの友人に、
轆轤の手ほどきを受けた程度でしたので、
作品集の中の、彼女の轆轤をひく姿を写した何枚かの写真と、
美しい作品の数々が私の手本でした。


彼女のような美しいボウルをひけるようになること。
薄い器をつくる轆轤の技術を身につけることが目標でした。


それから数年、彼女のボウルを目標とした作品をひき続け、
やがて実用性に富んだ器を作りたいという気持ちが強くなり、
Lucieのボウルの形からあえて離れる決意をいたしました。


a0157580_22271590.jpg



その時に生まれたのがStandard_Bowlです。


スタッキングの美しさ、
5枚重ねたときでも片手で持てるほどの軽さ、
花器としても使えるデザイン。
私にとって、このボウルは生涯をかけて洗練させていきたい作品の一つです。
作り手の自己満足ですが、このボウルが私の「スタンダードデザイン」なのです。


陶芸を志すようになり、今年で7年目になります。
30歳を過ぎ、ようやく自分の作品の方向性が見えてきたような気がします。
そんな今だからこそ、再びLucieのボウルの形を作りたくなったのです。
ずっと私の作品を見守り続けてくださっている方は、形の違いに気付いてくださるでしょうね。

a0157580_22292956.jpg




Lucie Rie 
あなたは何を見つめ美しいと感じ、何を表現し伝えたかったのですか?
私はあなたの目に少しでも近づきたいと願っています。
会うことの叶わぬ憧れの人だからこそ、
私はこれからもあなたの目と手を追い求めるのでしょうね。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-06-11 22:30 | コンセプト
2010年 06月 07日

『あたためる』@森岡書店の愉しみ方②

a0157580_14501160.jpg

Turkish_limited_wine glass


『あたためる』をより愉しんでいただくために。




a0157580_155386.jpg


私の代表作の中に、
ワイングラスがあります。


難しいとされていた陶器(土もの)のワイングラス。
ヴェネチアでみたワイングラスの美しさが忘れられなくて、
試行錯誤の上、足を高く引き上げる方法を見つけました。

現在は曲線と直線を組み合わせ、
女性の肌の柔らかさの表現を目指しております。

私の今一番美しいと感じる曲線は
ワイングラスの中にあるのです。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-06-07 15:05 | コンセプト