La Maison de Vent 愛する器たち

lamaizon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コンセプト( 13 )


2011年 04月 21日

シリーズに込めたおもい

「感じるうつわ@スパイラルマーケット」「マザーディクショナリー 春の会」では、
皆さまから多くの温かな気持ちをいただきました。

皆さまとお話をさせていただくと、シリーズ名の由来についてのお話になります。
皆さまが感じてくださった様々な思いを聞くと、本当に嬉しく思います。
「もっと多くの方に知ってもらうべきだよ」というご意見をいただきましたので、
ご紹介させていただきます。


a0157580_18241542.jpg

『Turkish』(ターキッシュ)
手に取った方々は、この器の景色(色)を様々なものに例えてくださいます。
私の代表作でもあるこの色から皆様が思い浮かべる風景が、
何よりも私に力を与えてくださいます。
私にとっての美しさが、皆様にとっての平和となるようにと願っております。


a0157580_18251972.jpg

『 Pigeon Blanc 』(ピジョン・ブラン)
中世時代の絵画に多く描かれた女神達の肌に憧れ制作をしました。
象牙のような白い肌をした女神たちが求めた平和や愛、それらを運ぶものとしてPigeon Blanc(白鳩)と名付けました。
あなたのまわりが愛で溢れ、たくさんの幸せを運んでくれるようにと


a0157580_18332244.jpg

『Lapin argente』(ラパン・アルジョンテ)
銀色ウサギと名付けた器。
丸みを帯びたを柔らかな曲線はウサギの背中、柔らかな毛並みを表しました。
顔をうずめるとお陽様の匂いがするような姿に憧れたのです。


a0157580_1828121.jpg

『Vermmer』(フェルメール)
フェルメールは光を表現するために、青色を効果的に利用しました。
私も陶器にガラスのような透明感を与えたいと、強い願望に取りつかれた時があります。
彼が青色の原料に使用したラピスラズリ(空の石)という鉱石の名前からも多くの物語が想像できます。
彼と同じように、気品のある美しい高貴な天空の色を表したいと制作いたしました。


a0157580_18285687.jpg

『Mustard』(マスタード)
夜に足元を照らしてくれる月の光。
その光を放つ月のような優しくしっとりとした黄色を表現したいと思い制作いたしました。


a0157580_18295014.jpg

『Deesse rouge』(デーゼ・ルージュ)
女性らしい美しさを表現しようと往きついた色です。
表面的な色ではなく、吸い込まれるような奥深さを求めました。
自分と異質なものを遠ざけず、受け入れる穏やかな強さをという願いから女神の赤色と名付けました。


a0157580_1831272.jpg

『Larme du cygne』(ラルム・ドゥ・シィーニュ)
人の喜びや悲しみに流せるの涙の意味を知った時、その無垢な強さに美しさを感じました。
湖のほとりで美しき涙を流す白鳥の強さを表現いたしました。


a0157580_18314811.jpg

『Eucalyptus』(ユーカリ)
ドライフラワーにしたユーカリの色を表現しようと思いました。
時間を超えて増していく美しさ、私の全ての作品たちにも求めるもののひとつです。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2011-04-21 18:32 | コンセプト
2011年 02月 06日

感じるうつわ@スパイラルマーケット

a0157580_135329100.jpg

Vermeer_standard_mug_M

a0157580_13541352.jpg

Vermeer_standard_soup cup


感じるうつわ@スパイラルマーケット


今展示では新シリーズEucalyptus(ユーカリ)を加え
8シリーズを展示販売いたします。

私は、今までにシリーズについての想いや物語をブログで紹介してまいりましたが、
今回初めて会場で作品と共に皆さまにご覧いただこうと思います。


皆さまの心に触れる展示となることを願っております。




★詳細につきましては別の記事にご案内いたします。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2011-02-06 14:20 | コンセプト
2011年 01月 22日

色合わせを愉しむこと

a0157580_14571132.jpg

Deese Rouge_standard_soup cup_shallow_L
Pigeon Blanc_standard_soup cup_shallow_L
Eucalyptus_standard_soup cup_shallow_L

深い赤色が入ると、
パステルカラーが落ち着いた雰囲気になります。

a0157580_14573283.jpg


a0157580_14575022.jpg


自分のお気に入りの色をいくつか選び、
テーブルで色合わせを愉しんではいかがでしょうか。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2011-01-22 15:25 | コンセプト
2010年 12月 30日

Turkish_standard_beer glass

a0157580_2039095.jpg

Turkish_standard_beer glass


ビアグラスって背が高いわりに
重ならなくて食器棚を占領してしまうイメージでした。

a0157580_20403192.jpg


欲しかったのは、握りやすくスタッキングした姿の美しいグラス。

a0157580_20394842.jpg



大切な人と優しい時間を過ごせますように。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-12-30 20:41 | コンセプト
2010年 11月 17日

エスプレッソにワガシとウツワ@LIFE kitasando

a0157580_12313381.jpg

a0157580_133433.jpg

Turkish_limited_sugar pot


私が使いたいと思うシュガーポットを作ってみました。


● 匙を落とさずしっかりと収まること。

● 手が濡れていても滑りにくいような握りやすい蓋。

● 片手でも持ちやすい形であること。

● 佇まいが美しくテーブルに置いたままにできること。

● 保存瓶にもできるように容量がたっぷり入ること。

a0157580_1341516.jpg


寒い夜には、
梅干しやお新香を入れたシュガーポットをテーブルに並べ
温かいお粥をいただくのもいいですね。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-11-17 13:04 | コンセプト
2010年 10月 11日

Turkish_standard_tea pot

a0157580_11155098.jpg

Turkish_standard_tea pot


“多目的に使え、美しい佇まいのティーポットが欲しい。”

そんな思いから生まれたポットは
茶漉しの部分は目詰まりしにくいように、
穴の部分をフラットにし、洗いやすいよう外蓋式にいたしました。

ドリッパーをのせれば、
コーヒーも愉しむことができるようにしてあります。

花の器にしてみたり、お酒の席では徳利として、
また、水切れのがいいので蕎麦徳利の代わりにも。。。


お茶のシーンだけでなく愉しみながらお使いいただけたら幸いです。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-10-11 11:43 | コンセプト
2010年 08月 11日

ハイジのスープカップ

a0157580_16235454.jpg

a0157580_16243894.jpg

Turkish_standard_soup cup shallow

a0157580_1625672.jpg

a0157580_16252367.jpg

Lapin argente_standard_soup cup shallow

a0157580_16261616.jpg
a0157580_1626345.jpg

Blue white_standard_soup cup shallow


アルプスの少女ハイジのイメージで制作しました。

浅目のスープカップは、
以外にもありそうでなかったデザインかもしれませんね。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-08-11 16:36 | コンセプト
2010年 07月 07日

私の愛する器たち

a0157580_15364565.jpg



私は器を作る上で大切にしていることがあります。
それは女性に優しい器であることです。



a0157580_1540376.jpg

1つ目は、食器棚から溢れてしまうようなことがないように、
スタッキングしやすい器であること。

2つ目は、片づけが面倒にならないように、
女性でも5枚重ねて持ち運べる重さであること。


a0157580_15381557.jpg

3つ目は、食器棚に入りきらなかった器も、
そのまま無造作に重ねただけでインテリアに溶け込むようなデザインであること。

a0157580_15441014.jpg

4つ目は、立ち姿が美しく、花器としても利用できるデザインであること。


a0157580_15344854.jpg
5つ目は、料理の見ばえを鮮やかにする色であること。


a0157580_1542581.jpg

最後は、どの器も組み合わせができ、色合わせを愉しんでいただけることです。


私は女性作家として、
私の器達が、キッチンで過ごす時間の多い女性のために、
自分だけの使い方を発見して愉しんでいただく器となることを願っております。



『この器のまわりが笑顔で溢れる場所になりますように』


makiko
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-07-07 15:45 | コンセプト
2010年 07月 06日

美しいテーブル

a0157580_12513411.jpg



私は、天候や共に食事をする相手に合わせて器の色を選ぶことは、
これ以上ないおもてなしなのではと思います。

身近すぎて普段なかなか伝えられずにいる
「ありがとう」の気持ちをテーブルで伝えることができたのなら、
いつもの食事をもっと大切な時間にできるのではないでしょうか?

私は相手を思いやり、
器の色にまで心配りをした優しい心のこもったテーブルを
“美しいテーブル”と呼びたいと思います。

“美しいテーブル”始めてみてはいかがですか?
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-07-06 12:50 | コンセプト
2010年 06月 11日

『あたためる』@森岡書店を愉しんでいただくために。③

a0157580_2220175.jpg



『あたためる』@森岡書店を愉しんでいただくために。



私が本気で陶芸を志すきっかけとなり、
今も、またこれから先もずっと追い求めるだろう方。

『Lucie Rie』

きっとお好きな方も多いことと思います。


彼女の1冊の作品集に出逢い
抜群のバランス感覚と色彩、洗練した作品の数々に、
今までに味わったことのない感動と衝撃を受けたのを、
今も鮮明に憶えております。

陶芸に対しては、伯母の古くからの友人に、
轆轤の手ほどきを受けた程度でしたので、
作品集の中の、彼女の轆轤をひく姿を写した何枚かの写真と、
美しい作品の数々が私の手本でした。


彼女のような美しいボウルをひけるようになること。
薄い器をつくる轆轤の技術を身につけることが目標でした。


それから数年、彼女のボウルを目標とした作品をひき続け、
やがて実用性に富んだ器を作りたいという気持ちが強くなり、
Lucieのボウルの形からあえて離れる決意をいたしました。


a0157580_22271590.jpg



その時に生まれたのがStandard_Bowlです。


スタッキングの美しさ、
5枚重ねたときでも片手で持てるほどの軽さ、
花器としても使えるデザイン。
私にとって、このボウルは生涯をかけて洗練させていきたい作品の一つです。
作り手の自己満足ですが、このボウルが私の「スタンダードデザイン」なのです。


陶芸を志すようになり、今年で7年目になります。
30歳を過ぎ、ようやく自分の作品の方向性が見えてきたような気がします。
そんな今だからこそ、再びLucieのボウルの形を作りたくなったのです。
ずっと私の作品を見守り続けてくださっている方は、形の違いに気付いてくださるでしょうね。

a0157580_22292956.jpg




Lucie Rie 
あなたは何を見つめ美しいと感じ、何を表現し伝えたかったのですか?
私はあなたの目に少しでも近づきたいと願っています。
会うことの叶わぬ憧れの人だからこそ、
私はこれからもあなたの目と手を追い求めるのでしょうね。
[PR]

by la_maison_de_vent | 2010-06-11 22:30 | コンセプト